PloomTECH(プルームテック)を中心にアイコスやグロー、電子タバコなどの特徴やスペック、最新情報を配信します。

★余ったカプセルを爆煙で楽しめるセットがコレです・・・
【激ヤバ】最強最悪のプルームテック互換セットがお得すぎるので買っちゃた!
互換バッテリーを買っている場合じゃない!こんばんは、プルームテック・オンライン管理人のげんちゃんです。 以前から電子タバコを使って、余った「たばこカプセル」を無駄なく使いたいと思っており、どの電子タバコを買えば良いか色々探していたところ、ヤバイも...
space10px
space10px
space10px

【ニュース】「加熱式たばこ」の増税検討?いやいや、むしろ減税すべきでしょ!

【ニュース】「加熱式たばこ」の増税検討?いやいや、むしろ減税すべきでしょ!

今更ですが、物申す!

こんばんは、プルームテックオンライン管理人のげんちゃんです。

既にご存知の方も多いと思いますが、9月8日深夜のYahoo!ニュースで「加熱式たばこ」の増税を検討という見出しのニュース記事がアップされましたね。

あとで書こうと思ってたら随分日が経ってしまいましたが、2018年度税制改正で「加熱式たばこ」がロックオンされているみたいですので、加熱式たばこブロガーとして、一言物申したいと思い、今更ですが書くことにしました。

1人の喫煙者の戯言だと思って、こういう考え方もあるんだなー、くらいで読んでみただければ幸いです。

Yahoo!ニュースの内容

まずは、ニュース記事の本文をご紹介します。

自民党の宮沢税制調査会長は、「(加熱式たばこは)紙巻きたばこに比べて、税率が低い。
3社出している商品で、実効税率が違っている」と述べた。
自民党の宮沢税制調査会長は、報道各社のインタビューで、加熱式たばこについて、税法上、紙巻きたばこより税負担が軽いと指摘して、2018年度税制改正での増税を検討する考えを示した。
また、加熱式たばこは、3社出している商品の間で、税負担が違っていることも問題視し、「年末までに答えを出していく」と述べた。

情報ソース:Yahoo!ニュース / 「加熱式たばこ」の増税を検討

以前この内容について記事を書いたことがあるので、いつか増税の話がでてくるんじゃないか・・・そう思っていたら案の定ですね。

自民党の宮沢税制調査会長が言っていることは真実で、下記リンク記事に詳しくまとめてありますので、詳細を知りたい方は参考にしてください。

 

加熱式たばこに移行する理由

加熱式たばこが世に出るまでは、もっぱら紙巻きたばこが主力でしたよね。

紙巻たばこと言えば、ガンのリスクが高まるとか、副流煙は殺人にあたるだとか、臭い、危ないなど、世間的に喫煙という行為は非難の対象だったと認識しています。

そんな世論のなか、満を持して登場したのがアイコスを始めとした加熱式たばこ。

・タールが発生しない=ガンのリスクが現象
・火を使わないので煙が発生しない=副流煙がない
・臭いがない(少ない)
・寝タバコやライターなどによる火事の危険性がない

など、たばこのマイナス面を大幅に改善しています。

加熱式たばこに多くの人が移行しているのは、自身の健康の為という理由もありますが、周囲のたばこを吸わない人達と共存したいからという理由も少なからずあるハズです。

「たばこを辞める」という選択肢はこの記事では除外しますが、喫煙という行為を考えてみると、紙巻きたばこから加熱式たばこに移行することは、周囲のたばこを吸わない人への影響も削減出来ていることから、極端な話、国を挙げて推奨すべきとも思います。

増税が実施された場合

確かに加熱式たばこの「たばこ部分(アイコスヒートスティックグローネオスティック、プルームテックのたばこカプセル」は、一般の紙巻きたばこに比べて低い税率が適用されており、更に全てのデバイスがバラバラの税率で誰が見ても疑問を感じることは否めません。

増税することで、PM社やBAT社、JT社の利益が少し減ってしまうくらいなら問題ないのですが、これが採算ベースでギリギリだったりすると値上げに繋がるのは目に見えてます。

せっかく自身の健康にも周囲の人にも影響の少ない加熱式たばこに移行したのに、また紙巻きたばこに戻ってしまう人が続出するかも知れませんよね。

これって「喫煙天国」と言われる日本にとって、プラスなことなんでしょうか。

どう考えたってマイナスでしかないと思うのですが・・・。

世間の動き

○○減税って聞いたことはありますよね。

これは、環境などに配慮されたモノやサービスに減税処置をすることで、普及を図る税制処置の1つです。

例えば、エコカー減税

これは、温暖化抑止の為に、国土交通省が定める燃費や排出ガスの基準をクリアした車を購入する際に、自動車取得税や自動車重量税、自動車税の3つが優遇されるというものですよね。

この減税処置があることで、自動車メーカー各社は開発にも力を入れ、今では新車の9割が対象となるくらいです。

エコカー減税のお陰で、自動車メーカーの技術力は向上し、低燃費、低排出ガスの車が増えることで環境改善にも貢献、新車購入の下支え的役割もあり経済効果も。

全てとは言いませんが、他にもリフォーム減税やグリーン投資減税など、環境や社会に貢献するものには減税処置がなされている場合が多いです。

増税ではなく減税という選択肢

この加熱式たばこに減税処置を施し、たばこ部分(ヒートスティックなど)を価格面で優遇してあげれば、加熱式たばこへの移行は加速しますよね。

そして、加熱式たばこオンリーの世の中になれば、寝タバコが原因で火事が起きることもなくなるし、副流煙が取り上げられることもなくなる、これまでのたばこ問題のほとんどが解決されるのでは、と思うワケです。

もう1つ、期待したいのがメーカーの技術力の向上です。

アイコスにグロー、そしてプルームテックも、今が完成形ではありません

これからエコカーのように、もっと臭いが少ないものや、もっと健康被害を削減したもの、もっと安全なもの・・・どんどん出てくるはずなんです。

増税によりユーザー離れが起きてしまったら、こういった開発のチャンスまで失われてしまうかもしれません。

物申す、まとめ

たばこの是非に関しては、色々な立場の人の意見があるので何が正しいかなんてわかりません。

ただ、たばこ農家さんなどの生活を考えると全面禁止などには出来ないでしょうし、国だけでなく地方公共団体としても、たばこ税による税収がなくなるのは困るハズです。

かと言って、国民の健康を考えると紙巻きたばこが普及し続けるのは問題だし、私たち喫煙者も簡単に禁煙というワケにはいきません。

そう考えると、みんなの妥協点となり得ているのが「加熱式たばこ」だとは思いませんか。

たばこ農家さんも出荷量は減るかもしれませんが仕事はある、税収も減りはするもののなくなるワケではない、紙巻きたばこよりは迷惑をかけない、喫煙者も紙巻きたばこよりも美味しくないかも知れないけど、たばこを辞めなくて良い。

先程書きましたが、これからもっと健康被害の少ない加熱式たばこは出てくると思うんです。

減税とまでは言いませんが、たばこ社会の未来を潰さないで欲しいと思います。

あとがき

いかがでしたでしょうか。

今回は【ニュース】「加熱式たばこ」の増税検討?いやいや、むしろ減税すべきでしょ! と題して、思ったことをツラツラと書いてみました。

たばこの話題ということで、立場や考えによっては「コイツ何言ってんだ、アホか?」と思う方もいるかもしれません。

もしかしたら、気分を害された方もいるかもしれません。

色々と思うことはあるかと思いますが、こういう考えもあるんだなー、とご査収頂ければ幸いです。

【追記】当記事についてのコメントへの返信は控えさせて頂きますのでご了承下さい。
誰かとケンカしたいワケではないので。
ただ、内容的に色々な意見があると思いますので、誹謗中傷でなければ貴重なご意見としてコメント承認します。
思うこと、書きたいことがある方は、コメント欄を使って頂ければ幸いです。

長文失礼しました、今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m

★余ったカプセルを爆煙で楽しめるセットがコレです・・・
【激ヤバ】最強最悪のプルームテック互換セットがお得すぎるので買っちゃた!
互換バッテリーを買っている場合じゃない!こんばんは、プルームテック・オンライン管理人のげんちゃんです。以前から電子タバコを使って、余った「たばこカプセル」を無駄なく使いたいと思っており、どの電子タバコを買えば良いか色々探していたところ、ヤバイもの...
スペース

人気ブログランキング

-Ploom TECH オススメ
-, , ,