PloomTECH(プルームテック)の特徴やスペック、最新情報を配信します。

【新着情報】PloomTECHに続き、加熱式タバコに新しい仲間が登場!その名も「glo」

2016/12/01

加熱式たばこに第三の刺客現る!

つい先日までPloomTECHの次回予約はいつ?なんていう話題をメインにとりあげていましたが、次回予約の前になんと新しい加熱式たばこデバイスが発表されてしまいました。
今回は加熱式たばこカテゴリに新たに加わる「glo」をご紹介致します。

加熱式たばこ「glo」とは?

加熱式たばこ「glo」はブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)から発売予定の加熱式たばこです。
iQOS(アイコス)がフィリップ・モリス、PloomTECH(プルームテック)がJT、そして今回BATからglo(グロー)が発売を予定しており、ここ日本では加熱式たばこブームがヒートアップしています。
ちなみにこの「glo」ですが、加熱も充電もすべてが一台で完結するそうで、アイコスなどに比べてワンタッチで楽しむことが出来るとのこと。ただし、デバイスやトライアルキットについては公式サイトに画像が載っているものの、実際の使い方(吸い方)については情報がありません。
glo-trialkit

世界のたばこメーカーランキング

これは余談ですが、今回たばこメーカー大手3社の「加熱式たばこ」の首位争いが始まることも踏まえて、世界的に我らがJTはどの位置にいるのか?についてお伝えしたいと思います。
タバコメーカー世界ランキング
なんと!JTは世界ランク4位、1位のインペリアル・タバコグループと比べるとその差は大きいですが、堂々4位にランクインです。
1位のインペリアル・タバコグループは日本ではあまり馴染みがないかも知れませんが、主要銘柄は「ウェスト」「ダビドフ」そしてコアなファンも多い「ジョン・プレイヤー・スペシャル」などです。
BATは3位にランクイン、主要銘柄は「ケント」をはじめ「クール」「ラッキーストライク」などです。

ヒートスティックならぬネオスティック!?

さて、話を戻します、gloのたばこに該当するモノについてですが、これをneosticks(ネオスティック)と言うそうで、フレーバーも3種類が用意されています。
ケント・ネオスティック・ブライト・タバコ
一般的なレギュラータイプに相当するもので、味はケントそのもの?
ケント・ネオスティック・フレッシュ・ミックス
銘柄で言うとクールみたいな爽やか系メンソールとのことです。
ケント・ネオスティック・インテンスリー・フレッシュ
クールよりも更に強烈なメンソールらしく期待できそうです。
glo-neostiks(ネオスティック)
PloomTECHも3種類、iQOSは4種類なので、この辺のフレーバーは各社とても似ていますね。
gloに関してはまだ発売前で実際の感想はお届けできませんが、個人的にはクールは好きな銘柄の1つなので、メンソール系が良さそうな気がしています。

【徹底比較:味わい編】Ploom TECH と iQOS 本当にオススメなのはどっち?

愛煙家にとって、一番大事なコトってなんだと思いますか?私はヘビースモーカーという程ではないですが、自分では愛煙家だと思っています。そんな私が一番重要視している点、それは「味」です。iQOSに変える前までは、10円、20円高かろうが好きな味のたばこを吸う、...

space_10px





space_10px

気になる価格と他のデバイスとの比較

気になるのはやはりお値段・・・PloomTECHにしてもiQOSにしても、楽天などにしか在庫がなく定価はあってないようなものですが、それでも基準は希望小売価格ですので、ちょっと比較してみましょう。

glo(グロー)

本体価格:8,000円 / ネオスティック:420円(各種)

PloomTECH(プルームテック)

本体価格:4,000円 / たばこカプセル:460円(各種)

iQOS(アイコス)

本体価格:9,980円 / ヒートスティック:460円(各種)

【徹底比較:価格編】Ploom TECH と iQOS 本当にオススメなのはどっち?

満を持して一部で発売が開始されたPloom TECH(プルームテック)ですが、一足先に全国展開が始まっていたiQOS(アイコス)と迷っている方も多いと思います。今回は「価格」にスポットを当ててPloom TECHとiQOSを徹底的に比較してみたいと思います。Ploom TECH vs iQO...

初期費用も重要ですが、iQOSとの比較記事でも書きましたが、重要なのは1年後、2年後のランニングコストです。
この点については情報不足なので比較出来ませんが、決して安価なものではないようです。

話題のgloはどこで手に入るのか?

ここが一番気になるところではないでしょうか。
この点については残念なお知らせになってしまうのですが、PloomTECHと同様に年内はエリア限定での販売になりそうです。
そしてそのエリアとは・・・ズバリ!仙台です。
仙台限定で、コンビニやたばこ屋さんで販売されるそうで、今のところインターネットでの販売は発表されていません。
ただし、公式ホームページでメールアドレスを登録すると、glo発売に関する情報がメールで送られてくるそうなので、会員限定でのオンライン販売の可能性もあるかも知れません。
とは言え、販売スタート時は仙台限定なのは間違いなさそうなので、どうしても手に入れたい方は、仙台の知人にお願いするか、仙台に行くか・・・どちらにせよ簡単には手に入らない代物になりそうです。

発売日はバッテリーの日デス!

バッテリーの日ってなんのこっちゃ?と思われた方、gloともploomtechとも関係ないのですが、無理やり雑学を混ぜてみました、スイマセン。
12月12日はバッテリー日に認定されているらしく、その日に発売予定とのことで、そのタイミングにあわせて半額クーポンやグローストアというフラッグシップ店舗なども展開するようです。

glo store(仙台グローストア)

glo(TM)STORE(グローストア)
宮城県仙台市青葉区一番町4-4-28
2016年12月16日OPEN
グローを無料体験出来ます。

glo(グロー)まとめ

1.glo(グロー)とは
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)から新発売される加熱式たばこデバイス
2.ネオスティックとは
3種類のフレーバー
・ケント・ネオスティック・ブライト・タバコ
・ケント・ネオスティック・フレッシュ・ミックス
・ケント・ネオスティック・インテンスリー・フレッシュ

3.価格面は
スターターキット:8,000円
ネオスティック:420円
4.販売場所は
仙台市限定での販売
・コンビニ
・たばこ屋さん
5.発売日は
2016年12月12日

まずは公式ホームページでメールアドレスを登録!

発売情報はもとよりキャンペーン情報などもメールアドレスを登録しておけば、glo japanからメールを送ってもらうことが出来ます。
欲しい方は登録をオススメします。
後発ではありますが、iQOSやPloomTECHの失敗(供給面)から学んで、供給面にはだいぶ力を入れているようなので、発売が楽しみですね!
glo公式サイト

プルームテック・オンライン管理人のげんちゃんです。めでたくアラフォーの仲間入りを果たしたB型人間。お酒は得意ではないので、タバコを吸っている時間こそが人生のリラックスタイムであると主張します!愛煙家の一人として、プルームテックを始めとした次世代タバコに期待を寄せるサラリーマン。詳細プロフィール作りましたので、興味のある方はコチラをクリックしてみてはいかが?

-glo情報, Ploom TECH オススメ
-

RECOMMEND POST

【プレゼント企画】互換バッテリーで一番人気のバーム(Varm)、あげちゃいます! 1
【プレゼント企画】互換バッテリーで一番人気のバーム(Varm)、あげちゃいます!

Contents - 目次初のプレゼント企画は噂のバーム!なんでプレゼントしてく ...

あのプルームテック互換品が規制!Amazon激震、楽天は大丈夫なのか? 2
【情報共有】あのプルームテック互換品が規制!Amazon激震、楽天は大丈夫なのか?

Contents - 目次JTがついに動き出した?互換品バッテリーに規制のメス! ...

公式サイトよりもよく分かる!プルームテックについて知ってること全部まとめました!決定版 3
【まとめ】公式サイトよりもよく分かる!プルームテックについて知ってること全部まとめました!決定版

Contents - 目次これを見ればプルームテックの今がわかる!を目指します。 ...